趣味を仕事にする

趣味を仕事にする

趣味を仕事にすることが出来る人は限られています。例えば、趣味の範囲で弁護士のような仕事をすることは構いません。例えば、証拠を集めたり他人を弁護したりすることは構いません。

 

 

 

しかし、それを仕事としてお金を貰って仕事をする場合は被弁行為に該当してしまいます。つまり、 「弁護士でない者は報酬を得る目的で法律 事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取りえ扱い、又はこれら の周旋をすることを業とすることができない」という法律を守っていないことになってしまうのです。もし報酬を得てそういった行為を行いたいのであれば弁護士にならなければなりません。そんなのとても大変ですよね。しかし、ネイリストにはそういったことはないのです。

 

 

 

ネイリストでないものが報酬を得る目的で第三者のネイルのケアを行ってはいけないという決まりはありません。そのため、趣味を仕事にしやすいのです。折角ネイリストになるための資格がないのですから、それを最大限に生かしましょう。いつかネイリストにも資格がないと出来ないという時代が来る可能性だって大きいのです。

 

 

 

ネイルが好きであれば、少しの勇気を加えるだけで、ネイリストとして活躍することが出来るの。です。始め今の仕事と同じお給料を貰えるという保障はありません。そのため、まずは二束の草鞋を履く感じで、アルバイトで週1回始めるとか、自宅で週末だけやってみることから初めてみて、趣味を仕事にするのってどういうものかを感じてみるのも良いでしょう。

趣味を仕事にする関連ページ

ネイルケア
ネイルケア
ネイルアートだけでない
ネイルアートだけでない
ネイリストの講師
ネイリストの講師
技術社会
技術社会
気軽に出来る
気軽に出来る
楽しい
楽しい